無料「子育てがラクになる♡基礎講座(エッセンス版)」動画プレゼント中です

怖ろしい実験

過去にこんな実験結果があります。

第二次世界大戦後のスイスの心理学者、ルネ・スピッツによって行われたものです。

孤児院の新生児を対象に行われました。食事や排せつなどの日常的なお世話はしても、誰も話しかけず抱っこもしません。栄養は母乳ではなくミルクを与えました。スキンシップをはじめとした愛情を与えないで育てるとどうなるか、という実験です。

その結果55人の子どものうち、27人が2歳までに亡くなり、残りのうちの17人があまり成長できず、成人を迎える前に亡くなり、成人後も生き続けた11人も知的水準が低かったり、知的障害が見られたり、体が病弱だったそうです。

実験当時のミルクの栄養価も孤児院の衛生環境も現代とは異なるでしょう。それを考慮したとしても無視できない結果ではないでしょうか。

こういう実験はもう必要ありません。目の前の子どもたちに愛情をかけていきましょう♡