無料「子育てがラクになる♡基礎講座(エッセンス版)」動画プレゼント中です

肌感覚は一生もの

スキンシップ

日本と中国の大学生を対象に行われた研究結果です。

乳幼児期に覚えた母親の匂いや声や添い寝のことなどを、

今も鮮明に記憶していると答える学生ほど、

自尊心や自己肯定感がしっかりしていて、

人生への意欲や将来への夢や希望が大きい。

(岐阜医療科学大学・鍵小野美和先生)

あなたはお母さんの「ぬくもり」を覚えていますか?

鍵小野先生は大学生に以下のような質問をしました。

・あなたが赤ちゃんのころのお母さんの匂いを覚えていますか?

・赤ちゃんのころのお母さんの声を覚えていますか?

・赤ちゃんや幼いころに、お母さんのすぐ隣で寝た、添い寝の記憶がありますか?

この質問に対して、「しっかりとある」「ある程度ある」「あるような気がする」「ほとんどない」「まったくない」という5つの回答を用意。

他にも生育に関する細かな質問をたくさんした後に、今度は現在の気持ちについて以下のような質問をしました。

・あなたは自尊心がありますか?

・夢がありますか?

・希望はありますか?

・前向きで生きる意欲がありますか?

・自分を感動的な人間だと思いますか?

・想像力のある人間だと思いますか?

その結果が、上記の内容です。

子どもが大きくなってしまってからではできないことがあります。

抱っこや、添い寝。今のうちにしておきましょう。

子どもとの触れ合い(スキンシップ)は、ママのストレス軽減にもなります。
昼間一緒にいられる時間が少ないママは添い寝する時間を

親子の濃密なコミュニケーションとして利用してはいかがですか。